potternet自転車人のためのサイト

カスタム検索

ポタネットラボtop > マウンテンバイクで遊ぼう

BROOKS(ブルックス)特設サイト

マウンテンバイクで遊ぼう
〜 Let's play with a mountain bike

#1.マウンテンバイクとは? What's MTB?

#2.マウンテンバイクの種類

#3.マウンテンバイクの魅力

#4.マウンテンバイクの構造

#5.山道走行の際の注意点

マウンテンバイクとは? What's MTB?

マウンテンバイクは、遊び心と機能性が盛り込まれた楽しい自転車だよ。MTBと呼ばれるよ。山岳の自然には想像もつかないような段差、急坂、滑りがあるため、それらに対応するため自転車にいろいろな高機能な工夫がされているよ。あとで述べるけどその工夫の仕方によって種類が分かれているよ。ただし現在は街乗り用として人気で、街乗りのみを意識したマウンテンバイクのルック車(悪路走行は止めてね的なもの、MTBの見た目を似せたもの)もあるよ。そこはしっかり意識して自身の目的に合うものを購入しよう。それにともない種類や呼び名の名称に、バラツキや違いがあるため気をつけよう。ここでは山岳ライドのMTBの種類の一部を以下に紹介するよ。

目次へもどる

マウンテンバイクの種類

マウンテンバイクには、自転車に乗ってどういうアクションをしたいのかによってそれぞれ見合った工夫が施されているよ。それがそのままバイクの種類になっているよ。ジャンプしたいのか、山を下りたいのか、山道をひたすら走りたいのか、などなど。では順に紹介するよ。

ダートジャンプ(DJ)

ジャンプしたいならこれ。着地の振動を吸収するためサスペンションフォークがついているよ。変速機はついていないことが多いよ。


オブザーブドトライアル(トライアルバイク)(TR)

まわる、はねるなどパフォーマンスしたいならこれ。クイックなブレーキ操作が必要になるため油圧リムブレーキが採用されていることが多いよ。

クロスカントリー(XC)

山道を長距離走行したいならこれ。軽量化されギアもついているよ。平地からちょっとした山の坂道までこなす、がんばり屋さん。

オールマウンテン(AM)

うえのクロスカントリーにもうちょっと坂道対応し,フルサスペンションが採用されていることも多い。

ダウンヒル(DH)

山を下降することをつきつめたバイク。過酷な下降や、崖から飛び降りるなどチャレンジャー向き。フルサスペンション。

フリーライド(FR)

DHより、もうちょと下降以外のことに対応したバイク。フルサスペンション。

これ以外にもまだ種類はあり、また機能や構造も個体によって違ってくることに留意してね。『こんな感じで分かれているんだな』という感じで見て下さい^^。マウンテンバイクも高価なものが多いため、慎重に選ぼう。

目次へもどる

マウンテンバイクの魅力

マウンテンバイクの魅力は、『バイクで遊ぶ』という発想そのものにあるよ。そして自転車で山の中へ入っていけるわくわく感。ファンも多く、街中で乗っている方も多いよ。マウンテンバイクは見た目がヤンチャな感じでかっちょ良く、頑丈な感じがして良いよ。太いタイヤやサスペンションは街中ライドでも実は実用的。タイヤを少し細くしたりスリックタイヤなどにかえると、舗装路でも快適に走行できるよ。ファッション性の高いものから山岳ライドの本格的なものまで、また街中走行に特化したものや、ツアラー対応のものまで、多くの種類があるのも魅力のひとつ。

目次へもどる

マウンテンバイクの構造

最近のマウンテンバイクの主流は、アルミフレームだよ。ショックを吸収するサスペンションはフロントとリアの前後に付けられるのだけど、フロントサスペンションについてはほとんどのマウンテンバイクにつけられているよ。フロント、リアどちらもサスペンションがついているものをフルサスペンションと言い、『フルサスのMTB』といったらこのことを指すよ。サスペンションがついていると段差やデコボコ道などガタガタした場所での衝撃を和らげてくれるよ。ブレーキについては油圧式、Vブレーキ、ディスクブレーキと個体によってさまざま。スプロケットは8〜9段が主流だよ。

目次へもどる

山道走行の際の注意点

はじめてのマウンテンバイクを車載して仲間とワイワイ山へでかけるときには、知っておいてほしいことがあるよ。それは、山によってはマウンテンバイクや自転車走行を禁止しているところもあるということ。もちろん禁止ではないところもあるよ。せっかくのイベントがつまらなくならないよう、あらかじめ調べてから出かけよう。また登山者の多い有名どころの登山道などは、避けた方が賢明かも。また禁止していないところで山道走行を楽しむ時も、走行の際は登山者の方などに遠くから声をかけよう。
ちなみに筆者は登山も好きで、関東の山をよちよち歩いていると山道でMTBの一行とすれちがったことがあるよ。ものすごい遠くから『こんにちはーー!通りまーす』と声をきいて振り返ったら、若い子が皆楽しそうに自転車に跨がってこちら(筆者の歩いていた道とはだいぶ離れた別の道を)に向かってきたよ。10人くらいが挨拶しながら通り過ぎていきました。
お互いに山中での怪我は非常に危険だからね^^。最初のうちは山ということもあり、ある程度山岳ライドをやったことのある経験者と同行するようにしよう。

ページの上へ

春夏の自転車グッズ特集