ポタネットラボの自転車初心者ナビポタネットラボラトリービギナーpotternet
laboratory
beginner

ポタネットラボtop > 自転車初心者ナビtop > どうやって選ぶの?

カスタム検索

春夏の自転車グッズ特集

どうやって自転車を選ぶの?

ここではスポーツサイクルの種類は解ったけど、「さてどうやって選ぼうかな」と思っている方に選ぶ際のポイントを、筆者の経験談というかたちで紹介してみます。

ポタネットラボへ戻る

目的を決める(自転車に乗って自分がしそうな行動を予想する)

これはけっこう重要です。筆者の場合は、「適度に速くて長距離ライドで乗れるもの」という漠然としたものでした。例えば「自分はぐいぐいスピードを出すぞ」と考えているかたはロードバイクかクロスバイクか、クラブモデルなどが良いのではと思います。逆に「スピードよりもブラブラしたり気楽に乗りたいぞ」という方には、バーハンドルをオススメします。筆者の場合は後者で、典型的な長距離ブラブラ派です。「今日は長く乗ろうかな」と考えて家を出発するときは、不思議とバーハンドルのクロスバイクのルック車に手が伸びます。やっぱり体が「こっちのが楽」と判断しているんですかね^^。そして気楽です。折りたたみのほうが気楽でしょという意見もあるかと思いますが、筆者は「距離もある程度行きたいぞ」と考えているので、やはり適度に要所要所でホイホイ漕げた方が良いみたいです。まあそんなにはスピード出しませんが。おそらくこのへんがバーハンドルのクロスバイクの良さではないかと思います。ハンドルの形状については、ドロップダウンのほうがいろいろな乗車姿勢をとれるので、本格長距離ライドにおいては体の一定箇所に負担がかからないというメリットもあります。そのへんの選択は自分がスピードもぐんぐん出したいかなどがポイントになってくると思います。

point

  1. 自転車の種類を選ぶときは、自転車に乗って自分がしそうな行動を想像してみる
  2. 自転車にはスピードを出す楽しみと、ゆっくりぶらぶらする楽しみ両方あるよ。以下が目安です。3〜6のどの辺に自分が当てはまるか参考にしてみよう^^
  3. ホントにぶらぶら派...軽快車、折りたたみ、ミニベロ、コンフォート系クロスバイク、街乗りマウンテンバイク
  4. 距離もある程度いくぶらぶら派...クロスバイク全般、スポルティーフ、ランドナー、クラブモデル
  5. 寄り道ありのスピード派...コンフォート系ロードバイク、スポルティーフ、ランドナー、クラブモデル、スピード性を重視したタイプのクロスバイク
  6. 寄り道なしのスピード派...ロードバイク、ピスト、トライアル

「街乗り」「コンフォート」などの自転車について

自転車の商品名に「街乗り」「コンフォート」などの表現(メーカーによって表現は異なるよ)がある場合は、「比較的リラックスした乗車姿勢でのれるよう配慮してみたよ」という意味です。例えばコンフォート系ロードバイクという名が冠せられていたら「ロードバイクでドロップハンドルではあるけれど深い前傾姿勢にならないよう配慮したよ」というロードバイクになるよ。乗車姿勢には好みがあって比較的リラックスしたアップライドな(胸が多少、前を向く:代表的なものはママチャリ^^)ポジションが好きな方と、胸がほぼ下をむく深い前傾姿勢にストイックな楽しみを感じる方といろいろだよ。どちらも同じように自転車の楽しみです。乗車姿勢は細かいはなしではあるけれど、どんなに気に入ったデザインでも乗車姿勢の好みが合っていないと、やはりだんだんと自転車に乗らなくなってしまうことも充分に考えられるよ。

point

  1. 「コンフォート」というのは「比較的リラックスした乗車姿勢でのれるよう配慮してみたよ」という自転車で、各ジャンルの自転車にいろいろある。
  2. 「街乗り」は「街中走行の際に走りやすくなるよう考慮してみたよ」という自転車。やはり各ジャンルにそれぞれある。

スピードを出して漕ぎたい

スピード派にはロードバイクがおすすめ。ロードバイクの良さは漕いでいるときのスピードのノリの良さと、伸びの良さにあるように感じます。気持ちよく長く漕げる川沿いのサイクリングロードをぐいぐい行くと非常に気持ち良いです。また適度なスポーツ感も味わえるので、「トレーニングにも興味あるぞ」という方や、タイムを縮めたりということに興味があるかたは向いています。筆者もたまに乗りますが、乗り味の良さと軽さの驚きと楽しみがあります。ハマっていらっしゃる方は結構な距離をタイムを計りながらトレーニングしていたりして屈強な体つきをしていたりします。すれ違うたびに筆者は自分のボサーとした体つきを反省したりします。^^

ロングライドに興味がある

ここでの長距離派は、いわゆるロングライドです。スピード派の方も長距離をホイホイ行ったりしているとは思いますが、「この距離をこれだけの時間で行った」という楽しみの方ではなく、比較的一定の無理のないペースで、「景色を見たり、寄り道をしながら行きたいぞ」というタイプは、ロングライド向きと言えると思います。このタイプの方には、クロスバイク、ツーリング車がおすすめです。

近場をゆっくりと散策したい

ロングライドにも少し通じる共通の楽しみがありますが、「もっと近場をとにかくゆっくりブラブラして普段の日常から面白いものを探すぞ」というタイプには、クロスバイク、小径車などの操作性の良いものをオススメします。筆者はこちらの傾向もあるようで、たまに折りたたみ自転車でブラーっとします。気楽でのんびりした気分になれるのと、思いのほか近所の道ほど、「決まりきった道しか普段は通らないんだな」という素朴な発見があります。普段は通らない道を選んでみると、樹が良い感じに両脇にある小道に出会ったり、雰囲気の良い店を見つけたり、近所とは思えない感じの意外な景色に出会ったり、なぜか落ち着くなーという公園を見つけたり、「ヤバい!なんか近所で迷子になっちゃったー」という楽しみもあり、オススメです。